<   2005年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2005年 12月 25日
いすゞのバスの変遷
現在製作しているバスの参考資料として、少々古めの写真を引っ張り出してきたついでに、こちらにも一応掲載しておこうかな、と思ったのは、T316のバスブロに記したのですが、突然身内に不幸があったこともきっかけでした。

e0089683_1731194.jpg

その資料の写真がこれ。東急バスのBU04D、T235号車です。
とはいってもご覧の通り廃車後の写真です。実はこのとき、廃車になったバスと言うのをはじめて見たので、落ち着いて考えれば当たり前のことなのですが、その時の印象は当時はまだ純粋な少年!?でしたので結構強烈でした。数日前まで通学などで普通に乗っていたバスたちが、実にあっけなく、突然に、何事もなかったように消えていく、と言うことを目の当たりにした初めての瞬間でした。別れは突然にやってくる、だからその前に出来ることはしておこう、と言うことを思い、バスの撮影を「本腰を入れて」はじめたのも思えばこのあたりだったかと思います。
e0089683_17323058.jpg

そして上記のT235の代わりに新車でやってきたのがこのU-LV324K、T150号車でした。上の写真が廃車の写真でしたので、こちらも同車の最末期の姿のものを掲載してみました。登場時にはバンパーの色はクリームでしたのでだいぶ印象が異なりました。
e0089683_17324241.jpg

そしてそのT150号車も2005年初頭に廃車され、その代わりにやってきたのがPJ-LV234L1のT560号車。こちらは現在でも当然現役です。

このように、1台の車両を振り出しにして、その廃車と代替の新車の画像を並べてみると、写真単独では気づきにくいような変化や、バス車両の進化をよく見て取ることができると思います。同じ画像でも、並べ方によってその意味合いや見て取れるものが結構違うな~と言うことに最近気づいた次第。
同じいすゞの車両ですが、以下のようにその車両にまつわることを並べてみると、いすゞや東急バスの変化もよく分かります。

社番   シャシーメーカー ボディーメーカー 登場時運行会社  廃車時運行会社
T235  いすゞ        川崎車体      東京急行電鉄   東急バス
T150  いすゞ        アイケイコーチ   東急バス      東急トランセ
T560  いすゞ        ジェイバス     東急トランセ    ~?

T235が1978年式、最後のT560が2005年式ですので、27年間でバスが3世代入れ替わり、その間にボディーメーカーや、運行会社がどんどん変化していっています。

こうした「時の流れ」を、模型と言う形であれば超越して一同に会することも可能であるのは、模型ならではの楽しみということが出来るでしょう。色々な車を作っていきたいな~と思います。
[PR]

by atbmodels_isuzu | 2005-12-25 17:51 | PJ-
2005年 12月 18日
どっちがいすゞ?
e0089683_23293592.jpg


溝の口駅で撮影した東急バス。どちらも通称エルガという愛称の、同じ顔をしたワンステップ車ですが、片方は日野です。どちらがいすゞでしょうか?さてどこで見分けられるでしょうか・・・

やはりどうもこの顔のバスで日野といわれるのは腑に落ちないです。
e0089683_23305519.jpg

吉祥寺駅で撮影した小田急バスと関東バス。同じ顔をした富士7Eボディーですが、いすゞはどっちでしょうか?

上の問題と下の問題、一見同じように見えますが、本質が違います。上の2台は載っているエンジンも、車体もほとんど同じ。(年式の差がありますので、エンジン型式も違い、色々と差が見えるのはせめてもの救いですが)対して下の2台は載っているエンジン自体全く別物で、後ろから見ると全然ディティールが違います。

正解は、上の問題はいすゞは左。右の車は日野です。下の問題は正解は右。左は三菱ふそうです。(下の問題もある意味凶悪な出題と言えば凶悪かも。富士7EでUDが写っていないというのは・・・)

下の問題の2台の場合、モデルで考えた場合は作り分けの楽しみがたくさんありますが、上の問題の2台の場合は・・・日野と言えば日野になるし、いすゞといえばいすゞになる・・・バスコレでブルーリボンⅡが製品化されたら暴動を起こすかもしれません!?
[PR]

by atbmodels_isuzu | 2005-12-18 23:37 | PJ-
2005年 12月 03日
しずてつジャストラインJL2434号
昭和63年式のいすゞP-LV314L+富士5EのしずてつジャストラインJL2434号車の画像です。
e0089683_0153994.jpg
e0089683_0155322.jpg


正面側からみると非常にオーソドックスな5Eに見えますが、リア側から見ますとテールランプの形や、冷房のルーバーが通常2つ車体裾中央付近についている車両が多い中この車は1つしかないなど、結構特徴ある姿をしています。最大の特色は非常口扉の窓が2段冊子になっている点かもしれません。こうした例はほかではあまり見た記憶がないです。
UDに比べてリアのエンジンルーム扉の天地寸法が小さい点や、テールランプの位置が低いこともよく分かる塗装をしている車両ですね。

またドア側も、基本的に前後折戸、大型側面行き先表示、しかもLED表示機と言う仕様の5Eは実は少数派に属するかもしれません。バスコレの5Eから作ろうとすると思いのほか難航する恐れのある!?プロトタイプ紹介でした。
[PR]

by atbmodels_isuzu | 2005-12-03 00:20 | P-