<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2005年 11月 30日
小田急バス いすゞエルガのバラエティー
バスコレ第7弾で製品化されたいすゞエルガの中にラインナップされなかったものの、首都圏バス事業者の中では有数のエルガユーザーと呼んでも過言ではないのがこの小田急バスでしょう。以前にもPJ-のエルガはご紹介していますが、小田急バスには様々な形態のエルガが所属しています。今回は少しまとめて画像を掲載してみます。

e0089683_15135827.jpg

一番最初に登場した車両は高出力で生田と町田にのみ配置されました。町田の車は方向幕を現在も搭載する唯一の存在。生田の車両はLED表示機に交換されています。
e0089683_22525411.jpg

こちらも初期に導入されたKL-エルガ。車椅子マークは正面行き先表示の両側に、エアコンも大型のキセのものが乗っかっています。
e0089683_22531919.jpg
その後、このように冷房ユニットの形状が変更されたほか、車体裾の社名表記が小田急バスに変更された仕様の車両が登場。リアの表記などは上で紹介した車両に準じます。
e0089683_22582765.jpg

上の車両と同仕様のC9020をリアから。
e0089683_2258404.jpg

さらに、車内仕様や正面の車椅子表記、リアの表記などが変更されたKL-のエルガが大増殖。非常に良く見る車両はこのタイプ。
e0089683_23452034.jpg

同仕様車のリア。低公害車のロゴ、表記が大幅に変更されています。
e0089683_22592998.jpg

そして最も最近の車両であり、どんどん勢力を拡大しているPJ-エルガ。冷房ユニットの形状変更や、エンジン変更に伴うルーバーの変化などが特色でしょうか。
e0089683_2259768.jpg

すぐ上の車両と同タイプの車両をリア側から。リアの表記が大きな特徴になっています。

e0089683_22594133.jpg

でも個人的にまず最初に模型でつくろう!と思っているのがこのD9078。非常に細かい点なのですが、古くから小田急バスを見ているものとしては絶対的な魅力ある表記がされている、ちょっと特別な1台です。さてどこが他の車両と違うか、見にくい写真ではありますが良く探してみてください。
[PR]

by atbmodels_isuzu | 2005-11-30 22:59 | PJ-
2005年 11月 06日
越後交通グループP-LV314Lのバラエティー その2
一昨日の投稿では、越後交通グループの5E各車両の側面画像をご覧いただきましたが、これだけでは顔が全く見えないので・・・今日はご紹介した車両たちのいわゆる7:3画像+αの画像を掲載します。ちなみに掲載車両の順序は側面画像の順序と同じになっています。

e0089683_2282597.jpg
e0089683_2272763.jpg
e0089683_2293079.jpg
e0089683_2210146.jpg
e0089683_2283967.jpg


この角度から見ますと、長さ方向の様々な差異や屋根上機器の配置位置がよく分からないことがお分かりいただけるかと思います。何故か神奈中からの移籍車は正面ライト周りの塗装が越後標準の黒ではなく銀になっているため異彩を放っていますね。

これであと分からないのはリアだけになりました。リアは一部車両の撮影が出来ていないかもしれませんが、出来るだけご紹介したいと思います。

そしてプラスαの1台はこちらです。
e0089683_22105896.jpg

これはLV314LではなくLV314Q。越後交通グループでも1台しか所属していない希少車です。あいにく顔の撮影が出来なかったのですが、この角度でもその長さはお分かりいただけるかと思います。この車両の側面をきれいに撮影するのはそれこそ至難の業ですね。。。

模型的な観点からすれば、多分LV314LよりもこちらのLV314Qの方が製作はラクだと思います。窓を半個分伸ばすという作業より、丸々1個分伸ばしてしまう方が加工としてはシンプルに済みます。それにしてもこれだけ窓がずらっときれいに並ぶと壮観ですね。製作すれば目立つこと請け合いな1台でしょう。
[PR]

by atbmodels_isuzu | 2005-11-06 22:16 | P-
2005年 11月 05日
越後交通P-LT312J
昨日は越後交通グループのLV314L+富士5Eの画像をご紹介しましたが、今日は同じ富士5Eボディーながらも9m車のP-LT312Jをご紹介します。ちなみに同型車は越後交通グループ全体で10台程度所属しています。画像はいずれも県央観光所属の車両です。

e0089683_2031076.jpg

まずは一般的な構図から。この構図でも車体が短いことは分かりますが、どこがどう短いのか知ることは意外と困難です。

e0089683_2043518.jpg
e0089683_2045690.jpg

そこでこのように真横からの撮影をしておくことは模型資料としては非常に重要です。ただ、手前に引きが取れることも少ないのが実情。ちなみにドア側側面の画像は引きが取れなかったため、実は前後で2枚を撮影し、合成をしています。一枚で撮影もできなくはなかったのですが広角レンズですとゆがみが出ますので、あえて無理はしないでこのような手法で撮影しています。
ちなみにこの車のホイールベースは4300mmですので、いわゆる短尺と呼ばれるK尺より500mm短く、さらにリアオーバーハングなども短くなっていることが窓わりからも分かります。またいすゞ車ながらもリアオーバーハングの裾は直線ではなく舟形になっているのも特徴でしょう。

e0089683_20113882.jpg

左がLT312J、右がLV314L。正面から見るとほとんど差は見当たりません。

この辺も加工しようとすると大変かもしれませんが、製品としては恐らくかなり期待薄なところですので、手間をかけて作ってみる価値はありそうですね。
[PR]

by atbmodels_isuzu | 2005-11-05 20:12 | P-
2005年 11月 04日
越後交通グループP-LV314Lのバラエティー
いすゞ車といえば最近の方ではエルガ、ちょっと前であればキュービックが印象が強いかもしれませんが、ここ越後交通のように富士ボディーのいすゞも相当数が製造されたのはご存知の方も多いでしょう。今日はバスコレ第6弾の改造ネタとして、5E+いすゞのプロトタイプをご紹介します。

とはいえ、恐らく今回紹介するLVは改造は本気ですると結構大変な車両ばかりかもしれません。尺の違いを直すだけでも大変です。

で、なぜにして越後交通グループの車両をご紹介するかと言いますと、同社は実に様々な姿をした5Eボディーの車両を所有しており、さながら5E博物館の様相を呈しており、模型用の題材というか教材!?と言うにはまさに最適なのです。5Eに限らず、同社の車両バラエティーは非常に面白く、UDのUA440などではHSN,LSN,NSNと3種の尺の車両を所有していると言った状況。本当に1台1台の姿が違う、というような営業所もあるほどです。今回はLV314Lにターゲットを絞っていますが、今後LT312、LV314Qなどもご紹介していきたいと思います。

e0089683_2311697.jpg

e0089683_23112716.jpg

まずドア側からの画像を2枚。どちらも県央観光所属の車両ですが、上は越後交通自社の車、下は神奈中からの移籍車です。まず注目したいのは越後交通自社発注車に共通して言えることなのですが、よく見ると前ドアの幅が狭いのです。これはステップ構造によるものなのか、ステップ暖房など寒冷地仕様に関係するためなのか理由は定かではありませんが、この部分を再現しようとするとかなり大変な加工になるかもしれません。ちなみにフロントオーバーハングは両者とも同じです。タイヤハウス前の車体パネルの形状の違いをよくご覧下さい。同じ型式で同じ5Eでもこれだけの差異があるわけで、5Eの奥の深さを垣間見ることが出来るでしょう。
さらに中ドアの位置自体も違うようで、自社発注の車は若干後ろよりにドアがあります神奈中の車両は通常より前よりに中ドアが付いています。これも後タイヤ前付近の車体パネルの形状差を見ていただくと分かりやすいかと思います。

さらによくよく観察するとリアよりのエンジンルームルーバー付近のパネル構造も両者で異なっていますね。

e0089683_23141567.jpg

e0089683_23145481.jpg

e0089683_23152369.jpg

続いては非常口側側面です。いずれも越後交通の自社発注で、こちら側の割付は各車両ともあまり変化はなく、違いは屋根上機器の配置に集約されそうです。一番上の車は恐らく設置されていたであろう押込通風器が2箇所撤去されているように見え、痕跡らしき突起がみえます。2枚目の車両は丸ファンが2個見えるだけで、撤去痕は見当たらず、当初から設置がないのかきれいに撤去されたものと思われます。
3枚目の車両が年式的には新しいのですが、冷房のエバポレーターが屋根上にあるため相当印象がかわっています。ファンの類は一切設置されていません。
また、いずれもUD車に比べて非常口後の窓の幅がごくわずかですが狭いようにも見受けられます。この辺は厳密にはメジャーを当てて計測するしかなさそうです。

ということで、とりあえず今日はLV314Lの側面のみを見てみましたが、今後も折を見て画像を追加して行きたいと思います。

More
[PR]

by atbmodels_isuzu | 2005-11-04 23:28 | P-