カテゴリ:K-( 7 )

2010年 04月 07日
新潟交通・新交貸切バスK-CJM470
本当に久しぶりの更新になってしまいましたが、バスコレ15弾でラインナップされた待望の北村ボディーのバス。
BUあたりまでは結構多くの事業者に納入されていましたが、今回プロトタイプになった車両はCJM500。こうなるとなかなか採用事業者は限定されてきます。

そして個人的に残念だったのは、北村製作所地元の新潟県のバス事業者にいた、個性豊かなプロパー車がラインナップされなかったこと。これは残念です。ということで作りなさい、ということと前向きに捕らえ!?写真をひっくり返してみました。

e0089683_23385759.jpg


e0089683_23391733.jpg


e0089683_2357361.jpg


全部K-CJM470です・・・やはり新潟交通は尺が合う車がいないのです。
K-CJM600もいたんです。今回新常磐交通で製品化された大型方向幕の車両もいたんですが・・・やはり尺が違います。
BU系も04だったし。上手くいかないものです。最後の525号車の冷房キセもどうしたものやら。でもこのスタイルが一番好きかもしれません。

それにしても痛恨なのが後引戸の車両がないことでしょうか。これで手こずりそうな悪寒がします。

越後交通さんにはK-CJM500がいました♪前後折戸なのでこのあたりから作りましょうかね。。。常磐交通の正面を小型方向幕のものに交換すればいけそうです。尺が変わらないのに切り継ぎは避けられそうにありません。ついでにこちらも冷房車でしたが、冷房の通風口の位置が違う(模型は右側面裾、越後交通の車は左側面裾)など、あちこち違います。さらに越後交通にはK-CJM470も、K-CJM600もいたりして・・・600だけ前折中引戸だったような。泥沼化の可能性も大いにあります。

そして忘れてはいけない頚城自動車・・・こちらになるとECMだったり何とP-LT312だったり。もはや拷問の域の工作!?になっちゃいそうです
[PR]

by atbmodels_isuzu | 2010-04-07 23:53 | K-
2006年 12月 03日
新潟交通観光バスK-CJM470
掲示板に力作をご投稿いただいたので、アルバムをひっくり返してみたら1番違いのG377-Iが写っている写真があったのでこちらに掲載してみました。

e0089683_1301182.jpg


子会社の新潟交通観光バスに移籍したあとの姿ですが、懐かしいですね。五泉営業所で撮影しました。
[PR]

by atbmodels_isuzu | 2006-12-03 01:31 | K-
2005年 10月 21日
東急バスT532号&T476号
南部バスに続いてご紹介するのは東急バスのCJM。
CJMは何となくバスコレ第5弾のBUをいじれば出来そうな気がします。やはりそれは側面のスタイル、リアのスタイルなどをBU~CJMへと踏襲しているためですが、実はよくよく観察してみると、まるで毎年のように仕様変更が各部にかけられており、この辺を拘って作ると相当に大変な改造になる車両であることが分かってきます。

e0089683_23131645.jpg


当然ながらぱっと見違うのが方向幕周りです。この辺は1から削りだしなどで製作していくしかなさそうです。その他正面窓もカーブドガラスになっており、これは別の型式の窓などから供出して加工の上取り付けなくてはならなそう。バンパーの形状もBUと異なっていることなどは分かりやすい変化ですね。
また、この画像の車両はCJM最終年度の車両ですが、この1年前から正面窓下のリベットがなくなり、さらにフォグランプの台座がプレスされているので、結構この辺かも印象を変えています。

そしてこの画像で見ていただきたかったのが、気づきにくい点なのですが運転席窓の変化です。1台1台で見てしまうと気づきにくいのですが、前に止まっている最終年式の車は、後ろの1年式前の車に比べて運転席窓の天地寸法が下方向に拡大されているのです。

と、この辺まで作り分けをしようとすると、本当にBUをベースにしても相当な大工事になることは間違いなさそうです。でも、逆にこうしたちょっとした変化と言うのはファン的には気になる点だけに、正確に再現したくなるものです。
こうなるとやはり、バスコレでもそのものずばりのCJMを早く製品化していただきたくなってしまいますが・・・BU04が出ていますので、少なくともあったとしてもちょっと先の話になってしまいそうですね。。。
[PR]

by atbmodels_isuzu | 2005-10-21 23:14 | K-
2005年 10月 12日
南部バス CJM2題
最近突如全国に某食品のCMが放映され、その中に登場してすっかりこちらも全国区になってしまった感すらある南部バスのCJM。このブログでも以前に元臨港の3E+CJM500や、元京急のCJM500、またBU04なども画像をご紹介しましたが、今回は元京浜急行のCJMを2台追加で掲載します。

e0089683_0105328.jpg

まずこちらが一番バスコレのBU04からは作りやすそうなCJM470.尺が一緒である時点で非常に楽になり、正面ガラスと方向幕周りの修正が勝負!?になりそうです。BUをいじる最初の1台としてはうってつけの形状をしているといえます。恐らく元京浜急行の前乗りのエリアで活躍していた1台ではないかと推測されます。

e0089683_0131967.jpg
e0089683_01332100.jpg

対してこちらは実はかなりの大改造を強いられそうな!?CJM500の527号車。尺を延長するだけでなく正面周りの方向幕、窓ガラス加工、さらには中扉と戸袋の窓の天地サイズ拡大と、ほぼ一から作り直しという感じすら受ける重加工をしないと完成できなそうな1台。こうなるとBUから作るというのもためらわれますね。。。逆に言えばこのあたりの車両は実にバラエティーが豊かで作りわけをはじめるときりがないのかもしれません。
川崎ボディーのBUとCJMは、結構「似ていて非なり」な部分が多いので、個人的にはさっくりと製品化してもらえないかな~と思っていたりします。CJMは年代的にすごくほしい車種です。欲を言えば富士5EもCJMのリベットボディー版でもう1度!という感じもします。
[PR]

by atbmodels_isuzu | 2005-10-12 00:18 | K-
2005年 07月 21日
新交貸切&新交北貸切 CJM
バスコレもなんだか第7弾、第8弾と情報がたくさん出てきていますが、なぜだか第1弾のMP118以来いわゆる排ガス規制K-代の車がなかなかラインナップに入ってきませんね・・・K-U31、K-RC381、K-CJM470・・・どれもなかなか魅力的な車両ばかりだと思うのですが・・・古くもなく新しくもなくという中途半端さが良くないのでしょうか。実は個人的には一番ほしいところなのですが。

とはいえ、恐らくこんな車両は製品化されないだろうな~と思われるのがこのCJMでも北村車体の車。BUであれば結構色々な事業者に見られた北村車体ですが、CJMになるとほとんど川崎か富士ボディーになってしまっているので、いわゆる「なまず」と並んで製品化困難なタイプの車両といえるのではないでしょうか。

e0089683_21585778.jpg

こちらは新交貸切バス(当時)のG525号車。CJMでも最末期の一台で、いわゆる廃止代替路線で余生を送っていたころの1枚です。このボディー形状は非常に少数派だったのではないかと思います。

e0089683_21592488.jpg

こちらは新交北貸切バス(撮影当時)で使われていたG392号車。方向幕の位置や冷房の有無などに差異が見られます。どちらかというとこちらのほうが新潟交通っぽい車かもしれません。

いずれにしても、恐らくなまずとならんで製品化絶望的!?ともいえる車たちですが、「バスコレクション」というネーミングに恥じないように!?こんな車両、少なくとも北村というボディーメーカーのモデルを1つでも入れていただければな~と思う今日この頃です。「北村くれは」さんはいらないので、「北村様」と「呉羽様」の「バス」の製品化に期待したいですね!
[PR]

by atbmodels_isuzu | 2005-07-21 21:57 | K-
2005年 01月 01日
南部バスCJM2題
さて、正月にふさわしいおめでたいカラーつながり、そして京浜急行バスつながりでご紹介するのがこの南部バスCJM。この写真は三戸営業所で撮影した元京浜急行のCJMです。中扉上の足元灯がななめについているのと、正面の運賃方式表示窓が京浜急行出身の証。現在でも数こそ減らしているものの現役の車もまだいるようです。

e0089683_22184640.jpg


そしてもう1台のCJMは三戸駅前で撮影した富士3EボディーのCJM.こちらは京急ではなく川崎鶴見臨港バスの出身です。非常に端正な外観で好ましい車でしたが、こちらは残念ながら現役を退いたようです。運転士さんの話では調子のよいよく走る車、と太鼓判の1台でしたが、さすがによる年には勝てなかったのでしょう。
e0089683_222114100.jpg


More
[PR]

by atbmodels_isuzu | 2005-01-01 22:20 | K-
2004年 12月 29日
山梨交通C538号車
現在でも活躍している車両がある山梨交通のCDM410。写真は昨年甲府駅付近で撮影したものです。バスモデルもラインナップが増えてきたとはいえこうした中型車のモデルはまだまだ少ないのが現状です。この辺の地味めな車種がモデル化されるようになれば、趣味の1ジャンルとして「本物」と呼べるようになるのでは・・・と思います。
e0089683_22224167.jpg
e0089683_22225374.jpg

[PR]

by atbmodels_isuzu | 2004-12-29 22:20 | K-