2005年 12月 03日
しずてつジャストラインJL2434号
昭和63年式のいすゞP-LV314L+富士5EのしずてつジャストラインJL2434号車の画像です。
e0089683_0153994.jpg
e0089683_0155322.jpg


正面側からみると非常にオーソドックスな5Eに見えますが、リア側から見ますとテールランプの形や、冷房のルーバーが通常2つ車体裾中央付近についている車両が多い中この車は1つしかないなど、結構特徴ある姿をしています。最大の特色は非常口扉の窓が2段冊子になっている点かもしれません。こうした例はほかではあまり見た記憶がないです。
UDに比べてリアのエンジンルーム扉の天地寸法が小さい点や、テールランプの位置が低いこともよく分かる塗装をしている車両ですね。

またドア側も、基本的に前後折戸、大型側面行き先表示、しかもLED表示機と言う仕様の5Eは実は少数派に属するかもしれません。バスコレの5Eから作ろうとすると思いのほか難航する恐れのある!?プロトタイプ紹介でした。
[PR]

by atbmodels_isuzu | 2005-12-03 00:20 | P-


<< どっちがいすゞ?      小田急バス いすゞエルガのバラ... >>