「ほっ」と。キャンペーン
2010年 04月 07日
新潟交通・新交貸切バスK-CJM470
本当に久しぶりの更新になってしまいましたが、バスコレ15弾でラインナップされた待望の北村ボディーのバス。
BUあたりまでは結構多くの事業者に納入されていましたが、今回プロトタイプになった車両はCJM500。こうなるとなかなか採用事業者は限定されてきます。

そして個人的に残念だったのは、北村製作所地元の新潟県のバス事業者にいた、個性豊かなプロパー車がラインナップされなかったこと。これは残念です。ということで作りなさい、ということと前向きに捕らえ!?写真をひっくり返してみました。

e0089683_23385759.jpg


e0089683_23391733.jpg


e0089683_2357361.jpg


全部K-CJM470です・・・やはり新潟交通は尺が合う車がいないのです。
K-CJM600もいたんです。今回新常磐交通で製品化された大型方向幕の車両もいたんですが・・・やはり尺が違います。
BU系も04だったし。上手くいかないものです。最後の525号車の冷房キセもどうしたものやら。でもこのスタイルが一番好きかもしれません。

それにしても痛恨なのが後引戸の車両がないことでしょうか。これで手こずりそうな悪寒がします。

越後交通さんにはK-CJM500がいました♪前後折戸なのでこのあたりから作りましょうかね。。。常磐交通の正面を小型方向幕のものに交換すればいけそうです。尺が変わらないのに切り継ぎは避けられそうにありません。ついでにこちらも冷房車でしたが、冷房の通風口の位置が違う(模型は右側面裾、越後交通の車は左側面裾)など、あちこち違います。さらに越後交通にはK-CJM470も、K-CJM600もいたりして・・・600だけ前折中引戸だったような。泥沼化の可能性も大いにあります。

そして忘れてはいけない頚城自動車・・・こちらになるとECMだったり何とP-LT312だったり。もはや拷問の域の工作!?になっちゃいそうです
[PR]

# by atbmodels_isuzu | 2010-04-07 23:53 | K-
2009年 05月 29日
京浜急行バスオリジナルバスコレ プロトタイプ車
いわゆる「バスコレ号」(バスコレのプロトタイプになったそのものずばりの車両)の画像があったので掲載してみます。

京浜急行バスから発売されたオリジナルバスコレクションセットのエルガ、M1815号車です。

e0089683_22591435.jpg


大森営業所所属の2008年式PKG-LVです。
モデルのボディーはPJ-ではなく、ドア側側面の通風口を重視してなのか、KL-と同じ車体を使用していますが、当然開口部の大きさが異なります。

非常口側側面非常口後ろの窓サイズも異なるのですが、模型ではここも黒塗装で再現されています。
個人的には、やはり素直にPJ-のエルがをプロトタイプにすればよかったのに、、、と思ったりもするのですが、事業者としては最新鋭の車両をプロトタイプにしたいのでしょう。その気持ちもわからなくはないですね。

セレガRの画像は日野プロトタイプアルバムに掲載します。
[PR]

# by atbmodels_isuzu | 2009-05-29 23:02 | PKG-
2008年 08月 04日
ちょっと気になる~LT
基本的にバスはでかいほうが好きな私ですが、ひそかに好きで気になる存在なのが、UDのRP,ふそうのMM、日野のRD、そしていすゞで言うとこのLTなど、大型車幅でWBが9mクラスの車両たち。

多くの場合少数派になるのですが、国際興業~岩手県交通では多数派、また北海道中央にもまとまった数がいますね。。。

今回はバスコレ11弾からつくれそうなLTをご紹介します。

e0089683_2213426.jpg
e0089683_22132318.jpg
e0089683_22133236.jpg


LV314と比較してみて、どこがどう短くなっているのか、じっくり観察してみたいと思います。
[PR]

# by atbmodels_isuzu | 2008-08-04 22:12 | P-
2008年 08月 02日
関東○○いすゞキュービック資料 その6
最後に関東鉄道のU-規制車から。

e0089683_12595660.jpg

国際興業バスからの移籍車。この窓ガラスも当然バスコレ製品ではないので痛いところですね。

e0089683_1304417.jpg

元京成バス。これはバスコレでもすんなり作れそうな形態。中引き戸です。
登録番号にも注目を。トミーテックから製品が出そうな番号です!?

e0089683_1313991.jpg

同じく京成バスから。土浦口などで姿を見ることができます。同じく中引き戸。

e0089683_1322962.jpg

こちらも元京成バスですが、中扉は4枚折戸。これもバスコレ第11弾から割りといじりやすい形態ですね。


と、まとめて関東○○シリーズのキュービックをご紹介しましたが、東京都の関東バスは富士重工のヘビーユーザで、キュービックは残念ながら所属しておりませんでした・・・あまりにあわないのかもしれませんが、模型の世界で作ってみてしまうのもありかもしれませんね。
[PR]

# by atbmodels_isuzu | 2008-08-02 13:05 | U-
2008年 08月 02日
関東○○いすゞキュービック資料 その5
続いて関東○○シリーズですが、会社は変わって茨城県の関東鉄道に行きます。

まずはP-規制車から。

e0089683_12304870.jpg

元京成バス。中引き戸の仕様、標準尺の車両です。
e0089683_12305670.jpg

同じ車両を真横斜め上から。こうした構図は、側面に若干のゆがみが出ますが、屋根上機器の位置の正確把握には役に立ちます。
e0089683_1231548.jpg

同車両をリア側から。奥には元川崎鶴見臨港バスのU-LVの姿も。
e0089683_1231136.jpg

そして同社では移籍車両の寿命は短く、このように廃車も続々と出ています。同じく元京成バスからの移籍ですが中扉は4枚折戸です。
[PR]

# by atbmodels_isuzu | 2008-08-02 12:46 | P-
2008年 08月 02日
関東○○いすゞキュービック資料 その4
引き続き関東自動車(宇都宮)のキュービック。その4まで行くぐらいですから、それだけでバラエティー豊かであることがお分かりいただけるでしょう。。。

e0089683_12181380.jpg

一目でわかる京浜急行からの移籍車。スーパーワイドドアもそのままですが通常は他の車同様締め切り扱いで、完全にその装備をもてあましています。

e0089683_12182658.jpg

同じく元京浜急行スーパーワイドドア。スーパーワイドは大きな側面を活用しているのか、ラッピング広告になっている車両が多く、このように原色を保っている車は少数派です。

e0089683_12184910.jpg

こちらもまたまた変り種。大阪市交通局から移籍してきたワンステップ車。バスコレから作るとなると結構難儀しそうです。正面ライトケース周りも形状に変化が生じています。
e0089683_1219149.jpg

このように冷房ユニットまで変わり種の1台。模型化したら見栄えは抜群でしょうけど・・・

e0089683_1220049.jpg

そして最後に少数派の自社発注のKC-車。はじめは伝統の後折戸で納車されています。屋根上ラインクロスファンは3つに減少していますがマーカーランプは健在。ファンと屋根板の隙間の具合がわかる画像をセレクトしました。
e0089683_12201220.jpg

最後に登場した自社KC-は中引き戸に仕様変更。首都圏でよく見かける仕様と似た形になりました。

e0089683_12203351.jpg

最後におまけ。関東自動車といえばやはりこのマーク。これの再現もなかなか苦労するところですが、トレースに使えるかな、と思いアップしてみました。
[PR]

# by atbmodels_isuzu | 2008-08-02 12:28 | KC-
2008年 08月 02日
関東○○いすゞキュービック資料 その3
引き続きその3として、U-規制車で移籍してきた車をご紹介します。

e0089683_11575998.jpg

まずはどこへ行ってもお目にかかる機会の多い元東京都交通局のU-。自社発注と違いラインクロスファンは4基です。

e0089683_11581099.jpg

同じく元東京都交通局。それなりの台数が稼動しています。中4枚折戸もここでは締め切り。

e0089683_11583679.jpg

こちらは元京浜急行。黒サッシ、中引き戸、屋根上の分割型冷房エバポレーターが特徴でしょうか。癖のないスタイルです。

e0089683_1159215.jpg

対してかなり関東圏では違和感のある後ろ引き戸+逆Tサッシは元大阪市交通局。バスコレ製品ではこのU-代向けの逆Tサッシがないのが痛いところでしょうか。
e0089683_1243292.jpg

同じく元大阪市交通局。

e0089683_1245031.jpg

最近参入してきた元川崎市交通局のキュービック。マーカーランプ装備&屋根上のファンカバーが特色です。
[PR]

# by atbmodels_isuzu | 2008-08-02 12:10 | U-
2008年 08月 02日
関東○○いすゞキュービック資料 その2
引き続き関東自動車のキュービックをご紹介します。

e0089683_1049759.jpg

横浜市営からは結構まとまった数のキュービックが移籍しています。この車も冷房はビルトインタイプ。
e0089683_10492739.jpg

こちらも横浜市営ですが冷房ユニットが屋根上にある年式です。

e0089683_10493781.jpg

同じく横浜市営。冷房ユニットが屋根上にあるタイプ。屋根上機器の様子がわかりやすい構図の写真を。

e0089683_1051917.jpg

続いてU-規制車。自社発注の車両です。屋根上のラインクロスファン5基は変化なし。珍しいことに、P-ではマーカーランプが後だけ装備だったのが、U-になると前にも装備されています。

e0089683_10513067.jpg

こちらも自社発注のU-。ただ上の車両と比べるとマーカーランプの形状が変化しています。

e0089683_10514952.jpg

真横から撮影した自社発注のU-。ラインクロスファンの数は同じですが、その配置がU-とP-とで異なっているようです。P-はほぼ均等間隔、U-は一番前だけ離れています。
[PR]

# by atbmodels_isuzu | 2008-08-02 11:02 | P-
2008年 08月 02日
関東○○いすゞキュービック資料
関東と言う文字が社名にある事業者2社のいすゞキュービックの画像を集めてみました。

まずは宇都宮の関東自動車。こちらは自社発注の車に加え、各事業者からの転入が非常に多く、さながら博物館の様相です。

しかも、以前から前乗り前降りなのに、2ドアの車両を導入していたため、転入した車のドア配置もお構いなし!?状態のため、いよいよバリエーションが豊富になっています。

まずはP-の車から。
e0089683_10382055.jpg

自社発注。ラインクロスファンが5つ載っているのが特徴。後折戸ですが締め切り。
e0089683_1039940.jpg

同じく自社発注。自動扉表記がなくなりました。
e0089683_10393710.jpg

神奈中からの移籍。窓配置、屋根上機器に特徴があります。
e0089683_1040287.jpg

横浜市営からの移籍。バスコレ11弾からは作りやすい形状です。クーラーはビルトイン。
e0089683_10401730.jpg

同じく横浜市営からの移籍。この1台だけ正面方向幕周りの色が不思議なことになっています。
e0089683_1040434.jpg

こちらも横浜市営から。丸型ファン3つ搭載。
[PR]

# by atbmodels_isuzu | 2008-08-02 10:40 | P-
2008年 03月 17日
バスコレ第11弾 都営バスの改造ネタ
多忙もきわまり更新作業どころではない毎日です。申し訳ありません。

そんな状況なので、正直申し上げてバスコレ第11弾の発売が4月にずれ込んだのは、正直非常にありがたかったりします・・・ 

今日は久しぶりの更新、標題の通りP-LV214K、都営バスグリーンライナー専用車をベースに作れる車両の写真を2点ほどご紹介します。

1点目は松本電鉄バスに1台だけ在籍する元グリーンライナー。

e0089683_22325597.jpg


2点目は八戸市交通部に移った元グリーンライナー。
e0089683_2233213.jpg


基本的には塗装変更でできる2台ではありますが・・・いままでは印刷で再現されていた正面ライト間の行灯が、11弾からディティールになっています。本来はより正確な再現、、、ということで喜ぶべきところですが、この2台を作ろうとするとこの行灯が撤去されているため、印刷のほうがありがたかったかも・・・ということになりそう。ただ、正面パーツは別になっていますので、製作の際には別の車両の正面を組み合わせるのがらくかもしれませんね。

それにしても・・・
[PR]

# by atbmodels_isuzu | 2008-03-17 22:34 | P-